飼育水・水質・水温の解説

レッドビーシュリンプ

はじめに

レッドビーシュリンプを初めて飼育される方が一番苦戦するのが飼育水の作り方です。

飼育水とは何かと言うのを私なりの見解で詳しく説明して行きます。

 

飼育水について

レッドビーシュリンプを飼育する為には飼育水を作る必要があります。

飼育水ってなに?と言う事になりますが、レッドビーシュリンプを飼育する為の水です。

レッドビーシュリンプが水槽内で生活できる環境となります。

飼育水と言うのは人間で言えば空気と同じです。

安全な空気(飼育水)を用意してあげる事がレッドビーシュリンプを飼育する上で重要です。

 

どんな飼育水?

レッドビーシュリンプは水槽内で飼育しますから水槽内の環境を整えてあげる事で簡単に飼育する事ができます。

その飼育水の作り方ですが、まず、どんな水(原水)を使用するかですが何点か上げてみます。

 

  • 水道水
  • 浄水器を通した水道水
  • 天然水(川の水など)
  • RO水

 

天然水RO水は専門的な知識と経験が必要になります。

天然水はその水質を調べる必要があり、RO水は付加剤などがわからなければ使用しない事が良いです。

この説明では一般的に身近で簡単に用意できる水道水もしくは浄水器を通した水道水を使用します。

水道水

まず手に入らない事はありません。必ず家にありますね。

しかし、レッドビーシュリンプの飼育において水道水はそのまま使う事ができません。

水道水には塩素(カルキ)と言う薬が含まれており、人が飲めるように殺菌されてます。

ですが、レッドビーシュリンプとっては有害です。そのため、塩素(カルキ)を抜いてあげる事で使用する事ができます。

塩素(カルキ)とはプールとかで独特な匂いを感じた経験はありませんか?

あの匂いは塩素(カルキ)の匂いです。

塩素(カルキ)抜きは普通に市販されているカルキ抜きで問題ありません。

アクアショップでもネットショップでも何処でも簡単に手に入れる事ができます。

ただ、固形の物では無く液体状のカルキ抜きを使用する事をお勧めします。

早く水に馴染みやすくなります。

 

浄水器を通した水道水

浄水器を通した水道水は塩素(カルキ)を抜いてくれますので、そのまま使用する事ができます。

浄水器を使用した上での注意点ですが定期的にフィルター交換は忘れないでください。

 

最適な水温とは

最適な水温・・・20度~25度程度

上記水温はレッドビーシュリンプを飼育する上で最適な温度と言われております。

適正温度狭い為に屋外飼育においては100%全滅しますので室内飼育が絶対条件となります。

ですが水温20度以下、25度以上でも勿論、飼育はできます許容範囲2,3度前後です。

高温い至っては27度を超すと危険だと思ってください。活性(元気)が落ちる確率が高くなります。

レッドビーシュリンプにとっては死活問題ですので注意が必要です。

良く活性(元気)を上げたければ水温を上げるなんてブリーダーさんも、いらっしゃいますので、あながち本当の話しだとは思います。

私の経験上でお話してますので否定はしません。どちらかと言うを肯定派です。

ただ、私はやらない。と言う事です。

 

経験談

以前、冬場に丸1日停電となった時がありました。

その時私は、それ所では無く頭の中では全滅の腹を括り諦めておりましたが全匹無事でした。

熱帯魚とかも飼育していたのですが全滅です。

その時の水温は10℃切っていた記憶があります。

 

高温についても苦い思い出があります。

現在、私はエアコン管理ですが飼育当初は冬場はサーモヒーターを使用しておりました。

何を間違ったからか、設定が30℃・・・まったく気付かず・・・

慌てていたんしょうね・・・涙

さすがに全滅でした・・・飼育水はあったか~~い♪

つら~~い思いを今でも覚えてますね(´;ω;`)

ですので、レッドビーシュリンプは低温はかなり強い方ですが、高温はあっさりです。

皆さんもお気をつけください。

 

別の機会に投稿しようかと思ってますので割愛しますがレッドビーシュリンプは人工的に作出(作られた)生き物ですので日本の四季による環境変化には馴染めません。

飼育が難しいとされる理由の一つとして飼育管理が必要になると言う事です。

餌をあげてれば勝手に育つとか分けが違うのです。

 

もちろん対応策があります。

水温管理は夏場は特に水槽専用の扇風機、冷風機やエアコン管理にて対策する必要があります。

水槽専用のクーラーなんてのもありますね。

こういった商品を使用し温度管理を行います。

設置場所が家の中で人がいる所であれば常に温度管理されてますから、

そういう所に置くのも一つの手段ですね。

こういった方法を用い温度管理を行っていきます。

 

最適な水質とは

水質・・・弱酸性

レッドビーシュリンプの最適な水質は弱酸性が良いされます。繁殖目的であればなお絶対条件だと考えております。

もちろん弱アルカリ性でも飼育はできるかと思いますが、ほんとの方は弱酸性だと思います。

アルカリ性で飼育して成功されてる方は聞きませんので絶対条件だと思ってます。

私は怖くて実験してませんので、もしかしたら知らない所で成功されている方はいるかも知れませんね。

 

ちなみに人間が飲む水道水ですが中性です。

初心者向けとして水道水で例えますので飼育水は弱酸性にする必要があります。

もっと細かい所でお話すると水の水質をPH(ペーハー)という記号(呼び名)で表します。

良く市販されている水の飲料水などにはパッケージに水質が記載されています。

水道水はPH7.0(中性)ですのでレッドビーシュリンプの最適なPHとされるのは、PH5.5~6.0程度が理想とされておりますので水道水を弱酸性へコントロールする必要があります。

ちなみに、これはブリーダーさんによっては考え方が違うと言う事も付け加えておきます。

・まとめ

今回は飼育水の説明をしました。

レッドビーシュリンプを飼育するには水質PH5.5~6.0程度の弱酸性水と水温20度~25度程度を維持する必要があります。

水槽内の飼育水をしっかり作ってあげ、環境を整えてあげることがレッドビーシュリンプは飼育・繁殖へ繋がります。

 

飼育するための解説

はじめに

初めまして、私はレッドビーシュリンプに限らずシュリンプ全般の飼育・繁殖を行っております。

このブログは私の経験をもとに様々な方達にレッドビーシュリンプの飼育方法をお伝えしたいと思います。

ブリーダー目線での解説・説明ですが誰が読んでも分かりやすく難しい話しや専門用語などは極力使わず理解して頂けるよう頑張ります。

 

皆さんはレッドビーシュリンプの飼育をしたことはありますか?

アクアショップでも良く見かける事が多くなりましたね。ですが飼育してみたら失敗を繰り返し諦めた方も多いと思います。

レッドビーシュリンプと聞くと飼育が難しいと思われる方が多く、諦めてしまう方がほとんどでだと思います。

興味はあるけど敷居が高そうと感じておられたり、最初から諦めてしまう方なども多いため、興味があれば誰でも始められるよう簡単に飼育できる事をわかりやすくお伝えして行きたいと思います。

今現在のシュリンプ業界は多種多様なシュリンプが出現し繁殖をされる方も多くなり、価格も落ち着いて来た事で更に楽しめるようになりました。

皆さんがアクアリストとしてシュリンプを楽しめる方達が増えて頂けるような切っ掛けになれば思います。

一次の人気に災いしてか、不確かな情報も出回り何が正しいのかとシンプルに考えられなくなり混乱してしまった方も多いのではないでしょうか。

これから飼育してみたい方、挑戦してみたい方が、なかなか手が出せなくなってしまったのではないでしょうか。

今回は私の経験をもとに分かり易くお伝えして行きます。

最終的には繁殖方法などプロ目線でのレッドビーシュリンプに関連した情報も公開して行きたいと思います。

 

レッドビーシュリンプについて必ず知っておきたいこと

これは水生生物全般に言えることですが、アクアリウムを趣味として始めようとお考えの方達には共通の知識となります。

  • 水質に非常に敏感
  • 温度変化に弱い

この2点は水生生物を飼育する上で重要な事柄です。

人間世界は四季があり、その都度、衣類を変えたり室内などでは温度調整する事で環境変化に対応できますが、レッドビーシュリンプは【水質の悪化】、【水温の変化】に敏感なので環境の変化について行けません。

そのため飼育者により管理が必要となり、一定の世話をして行かないと生命の維持ができません。

その環境変化は少なければ少ない程、過ごし易いと言う事です。それは飼育する側が用意してあげなければ彼らは生命を維持できないのです。

ですがどんな生物でも同じですね。やり方が違うと言う事です。

 

続きを読む