はじめに

レッドビーシュリンプを飼育して行く上で必ず必要になるのが足し水です。

水槽内の飼育水は自然と蒸発して行きますのである程度減った段階で新しい飼育水を足し水してあげます。

そうする事によって水量を一定に保つ事ができます。

私は市販の物ではなかなか良いアイテムも無く数も必要になるために価格もそれなりに高めです。

その為、私の場合は足し水の容器を自作して使用してます。

100円均一で簡単に揃うので是非参考にしてみてください。

 

準備する物

  • 水差しで使えそうな容器(小さいバケツでも可)
  • 水栓コック
  • 穴あけ工具

水差しで使えそうな容器(小さいバケツでも可)

何でも良いのですが水槽の角に置けるぐらいの容器がいいです。

 

 

 

 

 

 

 

こちらは近くの100均一で買った物です。

5リッターと2リッター入ります。

水栓コック

アクアショップではある所と無い所がありますのでとホームセンターの方が入手しやすいです。

ネットショップでも購入できます。

 

 

 

 

穴あけ工具

こちらは水栓コックのネジ山の大きさが開けられれば良いので電動工具でなくても、相手がプラスティックですので手動のドリル系の穴あけ工具で十分です。

加工

まず、用意しました容器に穴を開けます。

水栓コックの根本のネジ山の直径より同じくらいの大きさの穴を開けます。

失敗しないように一度小さめに開けてネジ山をねじ込むので確認しなら大きくして行きましょう。

水栓コックを回しねじ込む。

入らない場合は微調整する。

締め込み過ぎないように力加減は調整してくださいね。

優しく「ギュッ」て感じです。

力を入れすぎると容器側の穴部分がグズグズしてしますので慎重に進めてください。

はい!完成です。

簡単ですね。

 

 

 

 

使い方

水栓コックを締めた状態で新しい飼育水を入れます。飼育水は温度調整は忘れずに行って頂きたいですが、この方式だと少しずつ足し水をして行きますので厳密に温度合わせをしなくても大丈夫です。

自然に馴染んで行きます。

水漏れしてない事も確認してくださいね。

水槽の角にバランスよく置き水栓コックを開けます。

そうすると勝手に飼育水が落ちて来ますので、あとは無くなるまで待つだけです。

容器の大きさでリッター数もわかりますので何リッター必要かもわかりますし、溢れる事も防げますので、ずっと監視する必要も無いので他のことができますね。

最初だけ足し終わった時間を把握しておけば、あとは足しに行くだけで済みます。

足し水容器は水槽の数に合わせて作成すれば良いので一気に足し水もできるので便利です。

 

水槽台で2段3段で飼育されている方は、エアーチューブを利用して下の水槽まで導いてあげれば容易に足し水も可能です。

私の場合は最初の画像の二種類の容器とバケツで足水の量に応じて使い分けております。

複数水槽がある方には便利です。

注意点

水槽1個の場合は三角コーナー部分に置くことになるのでバランスを考えて置いてください。

引っくり返ると大惨事です(´;ω;`)

私も何回も引っくり返した事があります。(つд⊂)

 

まとめ

今回は足し水の際の自作アイテムについて説明しました。

色々なやり方があると思いますので一つのヒントになると良いかと思います。

繁殖を始めると水槽の数がどうしても増えて行きます。

少しでもメンテナンスの手間を効率化する事によって無駄な時間も減らせますのでお勧めです。

足し水も多すぎるとシュリンプにも影響がありますので一回で規定量まで足すよりはコマ目に行った方がシュリンプへのダメージも減らせます。

水槽の1/3程度であれば問題無いかと思います。

是非作成してみてください。