レッドシャドーシュリンプとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
レッドシャドー

はじめに

シャドーシュリンプは当時のレッドビーシュリンプが人気がある中、海外より輸入されてきました。

当時はレッドビーシュリンプとは違う個体の色の輝きと表現の違いに絶大の人気がでました。

表現もビーシュリンプでは不可能な表現に皆さんブリードに一生懸命になりました。

そんなシャドーシュリンプの特徴をお伝えして行きます。

レッドシャドーシュリンプ

レッドシャドー

レッドシャドーシュリンプは遠目からでも目立ますね。

水草の緑とクリアーレッド、ワインレッドのコントラストはレッドビーシュリンプとは、また違った魅力があります。

レッドビーシュリンプの赤色部分がベタ塗りの赤色とは違い、ワインレッド色の透き通った透明感のある色合いをしてます。

表現もフルレッド、キングコング、パンダ、日の丸、モスラとあり独特の存在感を感じる個体です。

フルレッド、キングコングの表現はレッドビーシュリンプでは表現の無い個体です。

今は流行りのシュリンプに圧されてしまい人気も下がってしまいましたが、レッドシャドーシュリンプは今でもブリーダーさんがブリードを重ねており、ベタ塗りのレッドシャドーやワインレッド色に黒墨色の個体なども作出され出回るようになったことにより、そのような個体は今でも人気があります。

 

 

ブラックシャドーシュリンプ

 

深いブラック色、漆黒とも表現できる、その個体に圧倒されるのがブラックシャドー。

ビーシュリンプではレッドに人気が片寄ってますが、シャドーシュリンプはブラックシャドーっと思う方も多いのではないでしょうか。

レッド、ブラックと共に魅力のあるのがシャドーシュリンプです。

ブラックビーシュリンプとは、また違うブラック色はシュリンプマニアには今でも人気があるのではないでしょうか?

表現もブラックに浮かぶ白色の表現は心を魅了します。

ブラックシャドーもブリードが進み追及したシャドーは白部分に青色(ターコイズ色)入れる事により、より見栄えが良く威圧感させ感じられます。

今でも繁殖意欲を沸かせてくれる個体です。

 

 

飼育方法

飼育方法ですが、基本はレッドビーシュリンプと同じ設備と飼育方法で飼育できるのですが、シャドーシュリンプは気難しい所があります。

個人的に水質に敏感な部分があるようです。

細かい所を話したら切りがありませんが、使い込んだ飼育水の方が育つように感じます。

最初が肝心ですので慌てずしっかりとした飼育方法を決めましょう。

 

 

まとめ

個人的には大好きなシュリンプなのですが人気が落ちてしまっているのが残念でなりません。

シャドーシュリンプは水槽での存在感ばっちりです。

レッドシャドーシュリンプかブラックシャドーシュリンプか悩んでしまいますね。

私の飼育方法はまた別の機会にお伝えできればと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*