底面フィルターの特徴と設置方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
レッドビーシュリンプ

はじめに

今回は濾過フィルターの中でも、底面フィルターの特徴と仕組み、さらには設置方法を解説していきます。

底面フィルターとは、本体を水槽内の底に設置して使用するタイプのフィルターで、その上にソイルを敷くことで、ソイルを【ろ材】として使い、その下の底面フィルターの本体が底床内に水流を発生させ濾過するという仕組みです。

底床の間から飼育水を吸いて、底面フィルター内を通過させ水槽内に排水します。そのため、ソイル内には水流が発生し酸素が供給されソイル内にバクテリアが繁殖することで生物濾過を行えます。また、飼育水を吸い込むので、ソイルにゴミをためバクテリアに消化させています。

ろ材

【ろ材】と言えば本来は多孔質な丸い溶岩のような石やリング状のような物を想像されるかと思いますが、レッドビーシュリンプの飼育においてはソイルを【ろ材】と使用する所が特長の一つです。

【ろ材】はバクテリアが定着すれば何でも大丈夫なのでソイルを【ろ材】して使用できる訳です。

 

【底面フィルターのメリット】

 

水槽全体で濾過を行う為、高い濾過能力を持つ

底面フィルターは底床のソイルをろ材とするため、濾過力も他のフィルターに比べると高い能力を発揮します。

 

水槽内の酸素不足を補える

レッドビーシュリンプを飼育する上で水槽内には酸素供給が必ず必要になりますが底面フィルターは水槽内に水流を作り上部排出口から飼育水を排出しますのでエアレーションされている状態と言えます。その為、止水域ができにくく有害物質が溜まりにくいと言うメリットもあります。

 

濾過内に稚エビが入らない

底面フィルターは水槽のソイルの下に本体がある為に、給水口が無いのでまず稚エビの吸い込みがありません。

 

水槽内にレイアウトスペースが広がる

底面フィルターは水槽のソイルの下に本体がある為に水槽内には排出口以外ありませんのでレイアウトなどが楽しめます。他のフィルターの設置もできますのでダブル濾過も可能です。

 

導入コストが安価

外部フィルターなどと比べてコストが低めです。
45センチ水槽で1000円程度で購入できます。

 

 

【底面フィルターのデメリット】

 

根を張る水草の選定が必要

基本根を張る水草は沢山植えられません。

根を張るので底面フィルターとソイルの中で干渉しますのでお勧めできません。

それでも植えられない事がありませんので、ワンポイント程度の水草を選定してください。

 

メンテナンスができない

底面フィルターをレッドビーシュリンプで使用する場合はソイルの中はメンテナンスができません。

ソイルをメンテナンスするにはソイルを舞い上げる事になりソイル内の有害物質が舞い死ぬ原因になります。

レッドビーシュリンプの底面は基本触らないと言うのが原則です。大きなゴミを取る程度のメンテナンスとなります。その為にある程度期間が経過するとソイルの崩れにより目詰まりします。そうなりますとリセットが必要になります。

 

設置には条件、知識が必要になる

レッドビーシュリンプを飼育する水槽で底面フィルターの設置するにはある程度知識が必要になります。

これはデメリットを減らす為に一応の工夫が必要になります。

ソイルを【ろ材】として使用しますので期間が経つとソイルが崩れ土になります。土は底面フィルターの目詰まりの原因になりエアレーションできなくなります。その目詰まりを少しでも予防・延長するために、知識と知恵が必要になります。

 

【底面フィルターの設置方法】

水槽の底に底面フィルターを設置します。

  • ニッソーバイオフィルター
  • GEXマルチベースフィルター
  • Kotobuki ボトムボックス

代表的な底面フィルターです。

どれを使用しても性能・機能は変わりません。

 

【設置・立ち上げ方法】

私は【Kotobuki ボトムボックス】を好んで使用しております。

底面本体の中が空洞になっており水流を作りやすい作りだと思っており使用しております。

 

水槽内に底面フィルターの設置

写真のように底面フィルターを設置します。

本体にはウールマットを巻き付けております。これはソイルによる目詰まりを少しでも遅くする為とバクテリアの定着を狙っております。

 

底面フィルター

 

ソイルを敷きバクテリアの沸く粉を全体に撒く

底面フィルターの設置

ソイルは吸着系のみで行っております。

吸着系ソイルは粒が固いので崩れるのを遅らせる事ができます。

粒の一番大きいソイルを使用してください。

その上にバクテリアの沸く粉を全体に撒きます。

 

ソイルと重ね敷く

ソイルを重ね写真のようになったら完成です。

底面フィルターが見えない事も確認してください。

あとは飼育水を入れ回すだけです。

 

まとめ

底面フィルターの設置は一度覚えてしまえば比較的楽な作業ですので一度チャレンジしてください。

濾過能力は優れてますので個人的にはお勧めの飼育方法です。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*