オスメス(雄雌)の判別方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

今回はレッドビーシュリンプのオススメの見分け方について解説して行きたいと思います。

他のシュリンプも同様ですので参考にしてください。

経験者の方はわかると思いますがし成熟前のオススメの見分け方ですが簡単に見分けられれば苦労しないですよね。

意外と難しいのである程度、成長しないとわかりません。

判断が付くのが1.5cm程度まで成長するとわかりやすいです。

稚エビと言われてる1.5cm以下ですと、まず完璧には判断できません。

メスは抱卵時期は1.5cm程度からですので個体選別するなら目安にしてください。

 

オス個体

 

 

メス個体

レッドビーシュリンプ

 

 

 

違いわかりますか?

わかりやすい個体を選んでみましたが、見てはっきりわかる部分は腹部だと思います。

お腹の部分が大きいのがメスです。オスはシュッとしております。

これが一番の違いです。

別の見分け方としては・・・

 

  • 髭が長いのがオス。短いのがメス
  • 頭が平なのがオス。丸いのがメス

 

などがあります。

ですが画像を見て頂ければわかりますが完璧ではありません。

髭で判断する方法ですが、常にツマツマして動いていおり髭もピンピン動きます。

止まっておりませんのでシュリンプを追いかけ、見て判断することは非常に難しいです。

 

頭の形でも判断できるのですが、これも個体差があります。

ですので第二、第三の判断材料として選別してください。

稚エビの状態や1.5cm以下の状態で購入される場合は、ほぼ運任せです。

トップブリーダーや専門店でも完璧には判別できないので、一般の店舗のショップ店員さんでは無理なのはわかるかと思います。

ですのでショップなどで購入される時は自身で選別できるショップさんで購入した方は自分でも納得できるかと思います。

もうしくは10匹以上とかで購入できれは、必ずメス個体は入ってますので、数で勝負と言う方法もあります。

ピン掛けしてブリードされるケースがありますが、これは一度抱卵させて判断しているケースと判断できる個体の大きさになるまで待ってるかと思います。

 

私の場合はブリードについてはピン掛けは行っておりません。

これは理由もありますが本題と外れますので別の機会に説明できたらと思います。

 

購入する場合の比率はどちらが多い方が良いのか。

これはブリードする上で必要不可欠なのですが、当然メス個体が多い方が産まれて来る稚エビの量も違いますから、メスが多い方が有利なのですが、

初心者で初めて繁殖に挑戦する方にはお勧めしません。

ですのでまず、5対5で購入される事をお勧めします。

 

大切なこと

大切なのはまず、増やすこと!!

これが最初の目標です。

繁殖させ産まれて来る稚エビから繁殖個体を選別して行くことが繁殖の一番です。

その為にはある程度の目利きが必要になります。

 

まとめ

今回はレッドビーシュリンプのオスメスの選別方法を説明しました。

選別できる個体を選ばれる事が一番の選別です。

気に入ってけど見分けつかない個体などは詳しい店員さんなどがいれば聞いてみるのも良いかと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*